OKADA METHOD

OKADA METHOD (岡田メソッド)

OKADA METHOD

FC今治のサッカーに関する活動(トップチーム、育成、今治モデル事業、グローバル事業)は、「OKADA METHOD」を基に行われています。そのことが、FC今治の大きな特徴です。

「OKADA METHOD」が目指すもの

日本人(アジア人)が世界で勝つためのイノベーティブサッカーの確立

  • 敵GKと1対1で点が取れないのなら、GKと2対1を作る。
  • インテリジェンスにより相手に予測をされないプレーをする。
  • コレクティブに闘い、接近(ボールの周りで常に数的優位を作る) 展開(敵が集まってきたら敵のいないところに早く展開) 連続(それを90分続ける)を繰り返す。

「守破離」の考えによる一貫指導

  • 守: 基本の「KATA」を知識として落とし込む。
  • 破: 「KATA」の目的達成の方法を自ら見つけ出す。
  • 離: 完全に解き放ち、本人の潜在意識の欲求に従い生き生きとプレーさせる。

「OKADA METHOD」とは?

 「OKADA METHOD」は単なるトレーニングメソッドではなく、サッカーのプレーを「原則」として整理し、その「原則」から導き出されたプレーの「KATA」を含む「プレーモデル」を絶対的なバイブルとしています。
 そして、そのバイブルより導き出された基本的な「トレーニングプログラム」、それを支える「コーチング理論」、「ヒューマンルーツプログラム」 「フィジカル」「コンディショニング」「ゲーム分析法(KPI評価)」のすべてを含めて「OKADA METHOD」と呼んでいます。
 FC今治のサッカースタイルを確立するために、「守破離」の考えに基づいて一貫指導を行い、プレーモデルを基軸に置きながら、試合の評価を行い、改善のための計画を立て、実行していきます。つまりM(マッチ)-T(トレーニング)―M(マッチ)ではなく、M-P(プレーモデル)-T-Mという考え方です。

OKADA METHOD

TOP PARTNER / SOCIAL IMPACT PARTNER

  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

OFFICIAL PARTNER

  • 株式会社LDH
  • 株式会社ありがとうサービス
  • 三菱商事株式会社
  • 今治造船株式會社
  • 渦潮電機株式会社
  • 株式会社NTTぷらら
  • アディダス

SOCIAL MEDIA

  • Twitter
  • Facebook
  • Youtube