【リリース】2017年シーズン 新体制発表会を開催しました。

2017年01月27日

FC今治
育成コーチは小野剛(おの たけし)、トップチームのGKコーチに藤原寿徳(ふじわら ひさのり)のほか
チームアドバイザーとしてラモス瑠偉が就任
外国人2名を含む新選手7名も加入
今夏完成のスタジアム名は「ありがとうサービス.夢スタジアム」に決定
自由にメッセージを入れられるスタジアムネームプレートの販売も開始!

 JFL昇格を達成したFC今治(愛媛県今治市)は、2017年1月18日から今シーズンをスタートしました。今シーズンは、新たに有力なスタッフ2名、選手7名が加わり、さらにラモス瑠偉氏のチームアドバイザー就任も決定しました。目標の今シーズンJ3昇格を達成できるよう、万全の体制を整えました。

 また昨年発表いたしました今夏完成予定のJ3対応のサッカー専用スタジアムの名称も発表されました。
 正式名称は、「ありがとうサービス.夢スタジアム」、通称「夢スタ」。
 そして、そのスタジアムに設置される、好きなメッセージを刻印できるネームプレートの販売も本日より開始いたします。

 さらに、全国の相手と戦うJFLのクラブとして、今まで以上に多くのサポーターの応援をいただくため、オフィシャルサポーティング組織 "FC IMABARI Sailors' Club"を新設いたします。サポーターと一体になって、FC今治を盛り上げていきたいと思います。本日の発表にはたくさんの一般サポーターも参加。岡田オーナー、新選手陣との記念撮影も実施いたしました。

 スポンサーは、昨年から引き続き、トップパートナーには、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、オフィシャルパートナーには、株式会社LDH JAPAN、株式会社ありがとうサービス、三菱商事株式会社、渦潮電機株式会社、アディダス ジャパン株式会社に加え、今治造船株式会社、株式会社NTTぷららが新たに加わりました。

コーチ・スタッフ一覧へ トップチーム 選手紹介ページへ 夢スタネームプレートへ FC IMABARI Sailors' Clubへ

岡田武史オーナーコメント

 「JFLに昇格して迎える今シーズンは、優秀なスタッフ2名、選手7名を迎え、来シーズンJ3昇格をめざし、万全の体制を整えました。
 また今夏に完成する、5,000人収容するスタジアムの名称を「ありがとうサービス.夢スタジアム」、通称「夢スタ」とし、今後全国で活躍し、ビックなスタジアムになっても、ここが発祥の地、レジェンドスタジアムとして残るようにしたいと思っています。
 そのためには、この今治に根付き、スタジアムに足を運んでいただけるように、地道な活動を通し、スタジアムが快適で、スタジアムに来ると非日常を味わえ、おもしろいサッカーが見れる、というサポーターが増えるように取り組んでいきます。
 今まで、後援会として応援して頂いていた組織を、クラブで運営する"FC IMABARI Sailors' Club"を新設し、多くのサポーターが参加しやすいオフィシャルサポータークラブを整えて参ります。
 今後もサッカーを通じて、様々な事業部を展開して参ります。引き続きご支援、ご声援のほどよろしくお願い致します。」

是非、岡田 武史 代表挨拶もご一読ください。
岡田 武史 代表挨拶へ

フォトセッション写真

現在準備中です。今しばらくお待ちください。

《岡田オーナー、吉武監督と新選手》

20170127_photo_session_01.jpg

《岡田オーナー、吉武監督、新選手とファン・サポーター》

20170127_photo_session_02.jpg


「ありがとうサービス.夢スタジアム」

「ありがとうサービス.夢スタジアム」施設概要

施設名ありがとうサービス.夢スタジアム
建設予定地今治市高橋ふれあいの丘16番内
設計主株式会社米北測量設計事務所
施工主四国通建株式会社
着工時期2016年5月
竣工予定時期2017年夏頃
収容人数5,000人超(立ち見含む)
芝生天然芝
照明設備有り
その他設備J3スタジアム要件を基準に整備
土地利用今治市より株式会社今治.夢スポーツが無償で土地使用賃借を行い、民間でスタジアムを建設・所有

「ありがとうサービス.夢スタジアム」完成イメージ図

yume_stadium.jpg

ネームプレート設置イメージ図

nameplate_project001.jpg


2017パートナー情報

トップパートナー / ソーシャルインパクトパートナー

【デロイト トーマツ コンサルティング合同会社】

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

代表執行役社長 近藤 聡
本店所在地 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 17F
ホームページ http://www2.deloitte.com/jp/ja.html

 FC今治が掲げるビジョンとチャレンジに共感し、Re:START時(2015年)から、トップパートナーとして、コンサルティングファームとして経営基盤構築やJリーグ百年構想クラブ申請支援、中期経営計画策定等への支援を通じ、クラブを応援して参りました。弊社は、持続可能な社会の構築という観点から、個々のクライアントへのサービスの提供という枠をこえ、社会課題解決への取り組みを進めていますが、今期からは『ソーシャルインパクトパートナー』として、FC今治の地域づくり・人づくりに焦点を当てたサッカーだけでないさまざまな取り組みに対しても積極的に応援して参ります。

オフィシャルパートナー

【株式会社LDH JAPAN】

株式会社LDH

代表取締役COO 森 広貴
本店所在地 東京都目黒区東山1丁目2番地2号
ホームページ https://www.ldh.co.jp/

「ゼロから作っていく」という岡田オーナーのチャレンジ精神と、今の日本サッカー界にはない新しい形のクラブを作り、今治から世界に発信していくというFC今治の理念には、LDHと通ずるものがありとても共感しています。
FC今治とLDHは違うフィールドではありますが、何か自分たちの経験が岡田オーナーの夢に貢献できることがあるのではないかと考えています。また、岡田オーナーからはサッカーについてはもちろん、人としてのあり方も勉強させて頂いており、年々、岡田オーナーのお役に立てればと思う気持ちが強くなっています。
今後も一緒に夢に向かい、夢を叶えるために新たな発想を提供できるように取り組ませて頂くとともに、FC今治そして今治市を盛り上げる力になりたいと思っておりますのでよろしくお願い致します。

【株式会社ありがとうサービス】

株式会社ありがとうサービス

代表取締役経営最終責任者 井本 雅之
本店所在地 愛媛県今治市八町西3-6-30
ホームページ http://www.arigatou-s.com/

地元企業として、FC今治のビジョンの実現に不可欠なJ3対応のスタジアム建設に協力させていただきました。5000人のスタジアムが満員になる魅力あるサッカー、そして勝つサッカーこそが、より多くの人を今治に惹きつけてくれるでしょう。それが次のJ1対応のスタジアム作りの仲間を増やしてくれるし、今治を世界から多くの人が訪れる町にしてくれると思います。FC今治こそ、それが出来るクラブと信じています。

【三菱商事株式会社】

三菱商事株式会社

代表取締役社長 垣内 威彦
本店所在地 東京都千代田区丸の内二丁目3番1号
ホームページ http://www.mitsubishicorp.com

クラブ独自の育成メソッド、地域貢献などのCSR施策面に賛同し2015年より協賛させて頂いています。また、三菱商事の障がい者スポーツ支援プロジェクト「DREAM AS ONE.」にも賛同頂き、ともにプロジェクトを推進して参りました。
今年はチームもJFLにステップアップし、厳しい戦いになることが想定されますが、選手・サポーター・スポンサーがともに一つになり、さらに上を目指していくチームへと成長していくことを願っています。

【渦潮電機株式会社】

渦潮電機株式会社

代表取締役社長 小田 雅人
本店所在地 愛媛県今治市野間甲105番地
ホームページ http://www.bemac-uzushio.com/

2017年よりJFLへ昇格され、新たなステージへの挑戦となるFC今治の夢をBEMACグループも一丸となって共に追い続けたい。そして、チーム名にも今治の名前がついている様に、今治で生まれ、今治で育ってきた地域密着型の姿勢が当社にも共感できる部分が数多くあります。新スタジアムが完成する本年、"前へ"の精神で今治サポーターを魅了するプレーを期待しています。

【アディダス ジャパン株式会社】

アディダス

代表取締役社長 ポール・ハーディスティ
本店所在地 東京都港区六本木1丁目9番10号
アークヒルズ 仙石山森タワー
ホームページ http://japan.adidas.com/

昨季に引き続き、FC今治をオフィシャルサプライヤーとしてサポートさせていただきます。
今季はJFLの舞台で今まで以上に激しい競争にさらされることになると思いますが、他のスポンサー各社の皆様、サポーターの皆様とともに、フットボールのリーディングブランドとしてFC今治の躍進を支えていきたいと考えております。

オフィシャルパートナー(新)

【今治造船株式会社】

今治造船株式會社

代表取締役会長 檜垣 俊幸
代表取締役社長 檜垣 幸人
本社所在地 愛媛県今治市小浦町1丁目4番52号
ホームページ http://www.imazo.co.jp

岡田オーナーをはじめとするFC今治はサッカーで結果を残すことはさることながら、スポーツやバリチャレンジユニバーシティーなどの取り組みを通じて、本気で『今治』の強くて明るい活性化された町づくりを目指しておられます。同チームの姿勢・取り組みに対し、地元企業として微力ですが応援をさせて頂く事になりました。J3、そして、J1に向け『今治』と共に歩むFC今治が大活躍をされる事を期待しております。

【株式会社NTTぷらら】

株式会社NTTぷらら

代表取締役社長 板東 浩二
本店所在地 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 24階
ホームページ http://www.nttplala.com

人々に夢・勇気・希望・感動・笑顔をもたらすというクラブのビジョンのもと、 AFCチャンピオンズリーグ優勝を目標としたクラブづくりに、選手、スタッフ等関係者の皆さまが一丸となってチャレンジされている姿勢、そして、地域の活性と日本サッカー界の発展に大きな役割を果たされようとしている岡田オーナーの強い想いに共感し、この度オフィシャルパートナーとして支援させていただくことといたしました。 FC今治の大きな目標の達成と、今治のさらなる発展を願い、当社としても全力でサポートしてまいります。

TOP PARTNER
/ SOCIAL IMPACT PARTNER

OFFICIAL PARTNER

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Youtube