トップチーム

第19回 JFL セカンドステージ 第5節

試合情報詳細

試 合 名第19回 JFL セカンドステージ 第5節
対戦相手ブリオベッカ浦安
開始時刻8月20日 15:00 KICK OFF
会 場 広島県立びんご運動公園陸上競技場
入 場 料2017シーズン・チケット情報へ

試合概要

TopSlide_for_JFL17020.png
HOME試合終了AWAY
FC今治
1
1前半1
0後半0
1
ブリオベッカ浦安

試合の得点・メンバー等の情報

得点

時間チーム名スコア背番号名前
29分FC今治1-010桑島 良汰
42分ブリオベッカ浦安1-133石坂

スターティングメンバー

選手交代

時間IN/OUT背番号名前
51分IN 29可児 壮隆
OUT 26向井 章人
88分IN 14長島 滉大
OUT 25楠美 圭史
92分IN 9長尾 善公
OUT 8上村 岬

警告・退場

時間警告/退場背番号名前
80分警告25楠美 圭史

試合後の監督コメント

今日の試合は、非常にがっかりな結果でした。

このセカンドシーズンは、最初の4試合、中断を挟んで今日からの5試合、10月11月の最後の6試合の3つのスパンと考えて臨んでいるのですが、この真ん中の5試合はトーナメント戦、32チーム優勝まで5試合勝ち抜きのトーナメント戦のつもりで臨んでいます。結果、引き分けで負けなかったという点では、トーナメント戦ならばPK戦に臨む資格があるという意味で良かったのですが、やはり勝ち点3が取れなかったという意味で残念です。

特に、後半はシュート数も14本と多く、ビッグチャンスもありました。ただ、決定機を作ることができなかったことが得点に結びつかなかったのだと思います。守備を固められた際に守りきられてしまった感があります。

一方、前半1-0でリードした際に、再び同点に追いつかれてしまった点には特に悔いが残ります。得点をしたのち、相手が点を取りに来た時に我慢していなしたりすることができず自滅して失点してしまいました。この得点後の失点については、ずいぶん前から課題になっており、選手たちも十分認識しているので、問題の本質や解決方法はスタッフ陣にあるのかもしれないです。例えば、得点直後に思い切ってシステム変更やメンバー交代を行うなどの方法です。

次の試合はラインメール青森との対戦になります。ラインメールとはこれまで1勝2敗で負け越しているので、星を五分に戻すとともに、トーナメントの2回戦想定した試合を勝ちあがりたいと思っていますので、応援よろしくお願いいたします。

フォトギャラリー

TOP PARTNER / SOCIAL IMPACT PARTNER

  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

OFFICIAL PARTNER

  • 株式会社LDH
  • 株式会社ありがとうサービス
  • 三菱商事株式会社
  • 今治造船株式會社
  • 渦潮電機株式会社
  • 株式会社NTTぷらら
  • アディダス

SOCIAL MEDIA

  • Twitter
  • Facebook
  • Youtube