特設コンテンツ

2019シーズン 綾町キャンプ日記

2019シーズンの綾町キャンプについてのレポートです。
今年もキャンプを通して戦術理解と浸透。そして、コミュニケーションを活発に、24時間一緒に過ごすことで相互理解を深めるための大事な時間。
そんな様子を選手や現場のスタッフがお届けいたします。

FC今治のキャンプの様子をできるかぎりお届けします。 今日は、先日お子様も産まれて、より一層気合いが入っている桑島 良汰選手です!

1549973033711.jpg

2月12日(火)の日記by桑島 良汰選手

-お子さんが生まれたけど、心境の変化は?
生まれたての子どもを抱っこした時には自分が父親になった実感が湧いたけど、生まれた日に会っただけですぐキャンプに再合流したので、まだ夢のような感じではあります。
ちょうどDIYをやりたいと思っていたので、キャンプから帰ったらに自分で子ども用のベッドを作ってみたいなあと。
子どもが自分のプレーを記憶できるようになるまで選手を続けられるように頑張りたいですね。

-シーズンが始まってからこのキャンプまで日々のトレーニングは順調ですか?もう少し追い込む?
去年より練習量が上がって毎日極限まで追い込まれている感じっすね(笑)。でも、1日1日のトレーニングをやりきった感はかなりあって、今日のゲームでも走り勝つゲームが出来てきており、やりがいを感じてます。
ピッチ外でも上のカテゴリーを経験しているベテランが加入し、体のケア・食事のとり方などピッチ外で学ぶことが多く、まだまだ自分の伸びしろを感じることができ、良い刺激になってます。

-新加入の選手の印象は?
内村さんはいい意味でベテランオーラが出てなくて、しゃべりやすい。無邪気でサッカーが好きなのが伝わってくるし、実は体のケアに凄く気を使っていて勉強になる。
キャンプで同部屋の福田は、ありえないぐらいご飯を食べて、爆音で音楽聴きながらひたすら寝ていて、変わった奴だなぁと(笑)

-ここまでの手応えはどう?
セレッソ戦ではアグレッシブにボールを奪いにいく守備のやり方や早い攻撃も形になって勝つことができ、今年のスタイルの手応えを感じている。
個人的には、求められている守備の動きから攻撃に移ったときのパワー・スピードが課題だと思っているけど、そこを高められたら自分自身もっと点を取れるようになれる自信がある。

-リーグ戦の開幕に向けて抱負を。
開幕スタメンで出られるように怪我なくしっかりやっていきたい。そして、開幕からの強豪相手の連戦をしっかり勝てるよう、チーム全員で準備していきたい。

桑島 良汰選手 twitter@ryota_0905_y_

桑島 良汰選手 instagram@kuwajimaryota

2019_web_14_Ryota_Kuwajima.jpg

桑島 良汰

プロフィールはこちら

TOP PARTNER
/ SOCIAL IMPACT PARTNER

OFFICIAL PARTNER

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • Youtube